YOSHITO ISHII:ROTRINGER'S DIARY

日日是匍匐:時時跳躍

藍涔

藍涔(Ransen) 2024 Φ22.7(cm) ink on Kent paper

醤大骨欲を満たす

fukisyoji.com 醤大骨欲を満たす重慶小麺も食す@福来・高崎。 醤大骨にはご飯の方が合う、とわかっちゃいるけど。

めんどくさいヤム・ウンセン

初めてヤム・ウンセンを作った。タイ料理の定番。 ラープはしょっちゅうこさえますがこれは初めて。 材料が多すぎて明らかにめんどくさそうだったからです。 材料さえ揃えれば誰でも簡単に作れるのだが 実際なにしろ材料の数が多すぎて 春雨・エビ・きくらげ…

居巣居廉畫集

居巣・居廉は清朝末期の画家。 従兄弟の関係のようです。居巣・居廉とありますが、 ほぼ居廉の作品が収録されている。 後に嶺南画派と呼ばれる、広州を中心とした画派の元祖、だそうな。 当時から貿易港であった関係で、海外の情報が多く入ってくる環境にあ…

Farewell My Cub, Thank you for 20 long years

20年間乗ってきたカブがついに清志郎になってしまったため (本当に先週日曜の雨にやられてエンジンが逝かれてしまった) 中古で新たなカブを購入しました。 今まで乗っていたものは、母方の祖父から父が譲り受けたものを さらに自分が乗っていたため 通算30…

久々サイアム

タイ料理@サイアム・高崎 何年ぶりかしらというサイアム。 盛りの良さが幾分影を潜めておりました。 しょうがないか。 黄昏れ烏川

天狗舞 山廃純米原酒

www.tengumai.co.jp 天狗舞 山廃純米原酒 武骨な印象が強い天狗舞ですがこいつは山廃だけあって 濃醇にしてモダンな感じ。 鯛のあら汁にて。

ベトナム料理@天宝店・高崎

かつて同じベトナム料理店の「安樂」が入っていた場所。 混ぜ麺のブン・蛙と筍の炒めもの・豚の血のスープ。 最近はベトナム料理店だとブンばかり食べている(フォーの方が好き)。 他にもイノシシやらアヒルやら山羊やら、だいぶんディープな料理あり。 ご…

毛血旺@華龍飯店

gj6t800.gorp.jp さて華龍飯店にて毛血旺とハチノスの冷菜。 ヘンな料理です毛血旺、まず字面が変。 鴨の血に牛の胃にハムに大量のもやしが紅い油の中に浸かっている。 四川式ごった煮。見た目の強烈さに反して さほど辛くも塩辛くもありませんでした。

町田酒造純米吟醸雄町

www.seiryo-sake.co.jp 出たら必買の町田酒造であります。 と言いつつ前回この雄町を呑んだのは一昨年らしい。

池上秀畝-高精細画人-

www.neribun.or.jp yuagariart.com 池上秀畝-高精細画人-の巡回展の図録です。 元寇の神風を描いた作品。モノクロに金のコントラストとか、センスのかたまりである 漢画あり琳派風あり洋画風の写実表現あり、 明治日本画の混沌を一人で背負い込んでしまっ…

高崎城址 桜 2024

毎年恒例高崎城址の夜桜であります 今春はちと遅かったわね

ひさびさネパール料理

前橋のCrimson Restaurant & Barにてネパール料理 本日はミックストゥクパとブタン。 ブタン、ネパールには数々の肉とスパイスを炒め和えにした料理があるのですが その中でも特にこれが好き。レバーやらいろいろな部位が入っている。 トゥクパ、これもモモ…

台湾花蓮地震に寄せて

明日の我が身 他山の石と為す

2015年の途中経過

途中経過の作品などほぼ撮らないのですが。 これを観ていると律儀に色で埋め尽くす必要もないなと。 元々モノクロを好む性分です。 線の美しさを引き立てるためには いい加減、色の引き算を覚えた方がよいのかもしれません。

韓国単色画 ソ・スンウォン

www.pkmgallery.com ソ・スンウォン (서승원・Suh Seung Won・徐承元) わたくしの好きな韓国単色画、ソ・スンウォンです。 正方形を使ったシンプルな構図・そして同系色。 近年の、図形の輪郭線をぼかした作品が載っていないのが残念。 これですよー、好きな…

孔然鶏架

fukisyoji.com 久々の福来@高崎 孔然鶏架。醤大骨と同様の、骨に残った肉を歯でこそげ取る系料理。 知ってはいましたが醤大骨以上に食いでなし(可食部3割くらい)。 まさに鶏肋!そういう料理なんだけどね。

Chen Fei(陳飛・陈飞)作品集

www.perrotin.com 最近買いましたる作品集・Chen Fei(陳飛・陈飞)。 香港か台湾のアーティストかなと思ったら山西省。 自画像×男の愚かな欲望系の作風。 こういう作品を観ると日本も中国も、 もうあまり変わらないなと感じる。

懐かしの張大力

danyszgallery.com 懐かしの張大力(张大力) 中国のグラフィティアーティストです。 北京の解体途中のビルの壁に横顔のアイコンを描き、 さらには(多分無許可で)ぶち抜いて写真に収める、という。 勿論「作品」は現存していないでしょう。 学生時分にはこ…

崇高なる山水展図録

www.museum.or.jp 2008年に大和文華館にて開催された「崇高なる山水」展の図録。 日本の中国・朝鮮山水画の名品が掲載されています。 南宋・元・浙派・袁派。中国絵画欲を満たしたい時 手軽に手に取れます。 日本の中国絵画もなかなか充実している。

冬景山水畫特展圖録

冬景山水画特展図録 1989年に台北故宮にて開催された「冬景山水画特展」の図録。 冬景色を描いた山水作品が主に収録されています。 中国絵画の山水画はよく夏冬や春冬など、対の作品として季節を対比させますが 個人的にはあまり見分けがつきません。 単に皴…

今年初の町田

www.seiryo-sake.co.jp さて厄介ごとも終わりまして、水張りもやって 町田酒造の黒いやつ・純米吟醸山田錦。 そろそろラープも美味い季節です。 美味い季節も何も、タイ料理はやはり夏だけどね。

浹辰

浹辰(Shoushin) 2023 27.3×22.0(cm) ink on Kent paper

春風亭一之輔独演会@葡萄屋寄席

春風亭一之輔独演会@葡萄屋寄席 www.ichinosuke-en.com www.budoya.net 「めがね泥」「ふぐ鍋」「うどん屋」。 マクラで「余白」ということを仰っていたが 「うどん屋」って、なんとなく余白的な噺である。 笑いどころは少ない。 冬の夜、屋台のうどん屋が…

緑黄色餃子で新年快楽

中華圏は2/10より春節、ということで。 最近の餃子製作の成果。 緑はほうれん草・黄色はターメリック・赤はトマトピューレ・薄茶はクミン。 具も豚肉だけでなく、合い挽きやら鶏肉やら。

数年ぶりの華龍飯店

ひさびさに華龍飯店。 以前はよく行っていたのですが 数年ぶりです。 gj6t800.gorp.jp ここは以前からずっとハルビン料理の看板が掛かっていたのですが それらしいメニューもなく、他の店に行くことが増えて足が遠のいていました。 が、今回参りましたら排骨…

ひさびさ餃子

久々に餃子をこさえたくなり。 二日続けて作ると要領を覚えて自分なりの勝ちパターンができます。 でもしばらく作らないと忘却の彼方である。 そして連日作る。ほうれん草をペースト状にして生地に混ぜて緑餃子。 トマトピューレで赤餃子もこさえました。 こ…

重慶酸辣粉@成都・高崎

地元高崎の「成都」にてガチ中華食べ初め 重慶酸辣粉と青菜魚丸。実にコシのない、ふわふわっとした食感です酸辣粉。 サツマイモのでんぷんで作られているらしい。 魚丸もふわふわな感じで食感がダブってしまった。

謹賀新年2024

なんとなく、というか だいぶん不穏な世相ではありますが。 より良い作品が多く描けますように 描けますように描けますように 世界平和と家族の健康を祈念す

クリスマスには清燉鶏

80c.jp 清燉鶏。XのTLに流れてきた。 クリスマスということで近所のスーパーでも丸鶏売ってたので 調子に乗って作ってみました。 塩を擦り込んだ丸鶏に棗・戻した干し椎茸・枸杞・にんにく・葱の青い部分を 詰めてつま楊枝で塞いで火にかけ、沸騰したらとろ…