YOSHITO ISHII:ROTRINGER'S DIARY

日日是匍匐:時時跳躍

清・袁耀 廬山瀑布図軸

 

東博の中国絵画の中で最大の絵画作品、

清・袁耀の廬山瀑布図軸。

今回東洋館(アジアギャラリー)の常設展に出ている、

という話を聞きつけ、高速バスに乗り込み行ってきました。

 

 

f:id:ishiiyoshito:20210710130930j:plain

f:id:ishiiyoshito:20210710132346j:plain

f:id:ishiiyoshito:20210710132416j:plain



 

大作だけあって、想像していたよりも筆致は荒い。

しかし樹木や荒ぶる川面は時間をかけてじっくり細かく描かれ、

それに対して岩肌はかなりスピード感のある筆致でした。

岡倉天心はこの手の山水画が嫌いで、

「つくね芋山水」などと揶揄したそうですが、

こういうマニエリスム的なくどい表現が嫌いだったのでしょうか。

個人的には彼の提唱した朦朧体(この呼称自体蔑称だそうですが)

よりもはるかに好きです。

 

東洋館はいつ行っても人がおらず(中国系の若者グループがいたのみ)、

今回も心行くまで鑑賞できました。

 

 

 

f:id:ishiiyoshito:20210710131912j:plain