ヒガンバナか曼珠沙華

 

彼岸花咲きたり

 

f:id:ishiiyoshito:20170913162402j:plain

f:id:ishiiyoshito:20170913162552j:plain

f:id:ishiiyoshito:20170913162453j:plain

f:id:ishiiyoshito:20170913162517j:plain

 

 

小学校の音楽の時間、エキセントリックな音楽教師に

「ヒガンバナを摘んでいたらお坊さんに

『ヒガンバナを家に置いておくと火事になりますよ』

と言われたので、その場で捨てた。

みんなも摘まないように」と言われた。

 

手折られたうえに放火魔扱いとは、ヒガンバナも気の毒だ。

花はただ、そこに咲いていただけだというのにね。

 

 

 

曼珠沙華、という呼び名はいかにも仰々しいから、

ヒガンバナが良い、と思っています。

 

 

 

 

 

 

  

南インド料理

 

東京にてグループ展の打ち合わせがあり、その後ひとりで夕食へ。

 

清澄白河の南インド料理店「ナンディニ」。

久々の(?)南インド料理。

 

f:id:ishiiyoshito:20170913142817j:plainパパド

 

f:id:ishiiyoshito:20170913142919j:plainマトンチリ

 

f:id:ishiiyoshito:20170913143026j:plain

ベジタブルビリヤニ。インディカ米はジャポニカ米よりも軽く、量のわりに食べられてしまう。

 

こういう店に来ると最近はビリヤニばかり食べています。

その店の、実力がわかる、ような。

 

・・南インド感がちょっと薄い注文になってしまいました。

(マトンチリなど明らかにインディアンチャイニーズっぽい料理だしね)

次来るときは、ミールスを是非。

 久々に、さらっとした南インドのカレーを食べたいものです。

 

さ・て・期日までに作品をいくつ、用意できるかな。

 

f:id:ishiiyoshito:20170913144448j:plainお土産として頂いた三陸名物「かもめの卵」。餡が美味かった。