鈴本とサイ・トゥオンブリー

久々の更新。





7月1日に江戸上り。

鈴本演芸場7月上席昼の部、まずまずでありました。
久々に演目など書き連ね・・

林家つる子「やかん」
柳家さん若「子ほめ」
ダーク広和「奇術」
桃月庵白酒「ざる屋」
柳家さん生「夢の逢瀬」
笑組「漫才」
三遊亭歌武蔵「支度部屋外伝」
翁屋社中「曲芸」
林家正蔵「新聞記事」
江戸家猫八「動物ものまね」
柳家権太楼「家見舞」

中入り
林家二楽紙切り(桃太郎・若鮎・川なんとか)」
柳家さん助「雑俳」
春風亭一朝「幇間腹
三遊亭小円歌「三味線漫談(なすかぼ・両国風景)」
柳家喬太郎花筏


・・以前からだけど、喬太郎師匠は喉がやはりちょっと気になる。
お大事になさっていただきたい。


後に品川・原美術館へ。サイ・トゥオンブリー

まとめて観るのは初めて。
プリミティブ。でも構図を相当意識しているように見受けられる。
技巧的な作品ばかり追っていると、荒っぽいプリミティブな作品が恋しくなりにけり。