YOSHITO ISHII:ROTRINGER'S DIARY

日日是匍匐:時時跳躍

清・袁耀 廬山瀑布図軸

 

東博の中国絵画の中で最大の絵画作品、

清・袁耀の廬山瀑布図軸。

今回東洋館(アジアギャラリー)の常設展に出ている、

という話を聞きつけ、高速バスに乗り込み行ってきました。

 

 

f:id:ishiiyoshito:20210710130930j:plain

f:id:ishiiyoshito:20210710132346j:plain

f:id:ishiiyoshito:20210710132416j:plain



 

大作だけあって、想像していたよりも筆致は荒い。

しかし樹木や荒ぶる川面は時間をかけてじっくり細かく描かれ、

それに対して岩肌はかなりスピード感のある筆致でした。

岡倉天心はこの手の山水画が嫌いで、

「つくね芋山水」などと揶揄したそうですが、

こういうマニエリスム的なくどい表現が嫌いだったのでしょうか。

個人的には彼の提唱した朦朧体(この呼称自体蔑称だそうですが)

よりもはるかに好きです。

 

東洋館はいつ行っても人がおらず(中国系の若者グループがいたのみ)、

今回も心行くまで鑑賞できました。

 

 

 

f:id:ishiiyoshito:20210710131912j:plain

 

 

一個我欣賞的作家・杜昆

mizuma-art.co.jp

www.thisiscolossal.com

 

f:id:ishiiyoshito:20210708234202j:plain

f:id:ishiiyoshito:20210708234234j:plain

f:id:ishiiyoshito:20210708234306j:plain

 

 

会ったこともありませんが、

心から敬愛する作家というのがおりまして。

 

日本のミヅマギャラリーに所属する中国人作家・杜昆もそのひとりです。

彼のことはミヅマギャラリー・オーナーの三潴末雄さんの著書

「手の国の鬼才たち」で知り、一目で魅了されました。

 

元々ロックスターを山水画に見立てた大きな油絵作品で 

有名になりましたが(彼自身がミュージシャンでもある)、

今回のミヅマギャラリー(シンガポール)での個展では

なにかの音波(彼の愛する音楽でしょうか)を山水画に見立て、

それを絹本着色で6ⅿもの作品に物しています。 

 

中国のアートというと、

保守的な伝統絵画と現代アートがどうにもぱっきりと分かれている印象があり

(その辺は日本も変わりませんが)、

伝統絵画は技術的には素晴らしいものの穏当な題材ばかり、

逆に現代アートの方はワンパターンだったり毒々しいばかりの作品も多く。

このふたつがうまいこと組み合わせられた作家がいればなあ、

と思うことしばしばなのですが。

現代的なコンセプトを伝統絵画の技術に託して表現する、

こういう中国人作家をずっと待ち望んでいました。

 

いちファンとして、日本での個展で彼の作品が観られる日を

心より待ち望んでいます。