YOSHITO ISHII:ROTRINGER'S DIARY

日日是匍匐:時時跳躍

令和 2 年度「⽂化芸術活動の継続⽀援事業」・美術関係経費について

 

 

令和 2 年度「⽂化芸術活動の継続⽀援事業」事務局に

美術分野に関する諸経費について電話にて確認し、以下の回答を得ました。

美術関係で申請を考慮されている方はご参考まで。

 

 

※詳細は募集案内を参照の事・又は事務局にお問い合わせください。

電話で聞いた大まかな情報ですので不十分な点もあると思います、

あくまで参考として御参照ください。

第3次募集期間は9/12~9/30・17:00までです。お早めに!

 

 

今回の助成金について、美術家にとって気になる経費といえば

大体以下の5点になるかと思います。

 

・作品制作費

・アトリエ家賃

・自費で展覧会を行う際の経費

 (レンタルギャラリーの使用料・公募展の出品料・DM費・

 作品輸送費・交通費・滞在費)

・グッズ類作成費

・HP作成費

 

以下それぞれの経費の計上項目です。

 

〇本事業に関係する期間:

令和2年2⽉26⽇~10⽉31⽇までの期間中に生じた諸経費

 

〇計上項目:

・作品制作費(画材等):「消耗品費」として計上(かなりグレーな感じ)

 あくまでも「展示目的」「広報目的」としての計上

 (結果的に販売につながりそうな場合でも「販売目的」とは記入せずに申請する)

 

・アトリエ家賃:対象外(他の助成金で保障される場合あり)

 

・自己負担による展覧会経費

 (レンタルギャラリー等での個展・グループ展・公募展など)

・ギャラリー使用料:「借損費」、公募展出品料:「雑役務費」として計上

 (令和2年2⽉26⽇~10⽉31⽇までの期間中の展覧会が対象ですが、これ以降

 予定されている展覧会の経費でも「準備」等の理由で申請は可能のようです)

 

・作品輸送費:「通信運搬費」として計上

 (宅配便等を使用する場合のみ・自家用車を使用した際の燃料費・

  高速道路料金は不可)

 

・展覧会に係わる交通費・宿泊費:「旅費」として計上

 (最も妥当且つ安価な手段に限る)

 

・DM費:切手代は「通信運搬費」として計上(領収書の他に送付先リストも必要)

                 印刷代は「雑役務費」として計上

 

・HP作成費:「雑役務費」として計上(領収書の他に見積書も必要)

 

・グッズ作成費:対象外

 

以上です。

どの項目も領収書は必須と思います。

また詳細な納品書・見積書等求められることも

ありますので必ず各自でご確認ください。

 

 

 

以下事前準備について。

【事前準備】

フリーランスの方はまず日本美術家連盟のHPにアクセス。

「事前確認番号」を取得しましょう。

(1週間くらいかかるらしい。自分は3日で取れました)

www.jaa-iaa.or.jp

団体に所属されている方は各団体の事務局まで確認を。

 

「事前確認番号」が取れたら文化庁のHPで登録・申請を。

番号が未取得でも、作業はある程度進められます。

募集案内もこちらからダウンロードできます。

keizokushien.ntj.jac.go.jp

 

〒105-8335 

東京都港区芝三丁目23番1号 セレスティン芝三井ビルディング13階

令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」事務局

☎:0120-620-147  fax:050-3606-5757 

問い合わせ時間:10:30~17:00