渺渺-極線之美 オープニング

f:id:ishiiyoshito:20160715184208j:plain

f:id:ishiiyoshito:20160715184547j:plain

f:id:ishiiyoshito:20170722171652j:plain

f:id:ishiiyoshito:20170722165611j:plain作者と通訳の卓さんとお客様。この女の子と背景の「姚姚」が同い年(!)であることにショックを受ける。

 

オープニングという事で、

かなりたくさんのお客様がおいでになりました。ありがとうございます。

(それでも他の展覧会のオープニングとバッティングしたため少なかった、とスタッフ談)。

 

f:id:ishiiyoshito:20160715193602j:plain

なかなかにタイトな日程である。 故宮博物院に行く暇もない。

ギャラリーにほど近い陸光小吃館にてスタッフと夕食を認める。

眷村(外省人のコミュニティ)の料理だそうな。

餃子とか昆布の煮つけ、叉焼、その他。庶民的な感じ。

小皿でどさどさと来る。台湾啤酒がはかどるのなんの・・